2009年09月28日

供養

お坊さんと言うのは、会社の後輩の友人でした。

そのお坊さんは、すごく霊感が強く、お祓いなども専門的にしている方でした。

後輩に紹介してもら、そのお坊さんのいるお寺で、いままで起きた奇妙な現象の話を聞いてもらいました。

わたしが、一番気になっていたのは、今、母は、きちんと成仏できて天国にいけたのだろうか?と言うことでした。

お坊さんには、今の母の現状が見えているようで、「残念ですが、おかぁさんは、まだ成仏出来てません、なにか防空壕のようなところに閉じ込められているようです・・・」

防空壕と聞いて思い当ったのが、わたしの家の裏山でした。

戦争が行われていたときに、防空壕がほられていて、母は、幼い頃、そこに隠れていたという話を聞いたことがありました。

お坊さんは、母が天国へいけるように、お経を唱えくれました。

「もう大丈夫ですよ。おかぁさんは、ちゃんと天国へと昇っていきました。おかぁさんは、死んでからも、霊に苦しまされていたようです。もし、もっと早く私と知り合うことがあれば、おかぁさんを助けてあげることが出来たかもしれない・・残念です。」

と、そのお坊さんは、言いました。

私は、しばらく涙がとまりませんでした。

でも、今は、母は、ちゃんと天国に行って幸せにしていると信じています。
posted by クールポン at 14:25| 三重 ☔| Comment(48) | TrackBack(0) | 恐怖・怖い話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月10日

夜中の12時なると聞こえる物音・・

母の葬儀も済み、一段落したある日のことです。

私は、一階にある玄関すぐの部屋で寝ていたのですが、
夜中の12時になると、山のほうの壁から、『ドーン ドーン』と、ものすごい勢いで、なにかがぶつかる音がするようになりました。

それも、毎晩12時きっかりです。

たまに、玄関の戸が開く音までするんです・・・・

そして、私は、その壁にそって寝ていたのですが、その位置で寝ると、よく金縛りにあうようになり、寝る位置も変えました。

毎晩毎晩の、不気味な音・・・・

その頃です。

私は、あるお坊さんと知り合いになりました・・・・
posted by クールポン at 11:43| 三重 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 恐怖・怖い話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月08日

ごぶさたしております・・

相変わらず、母は、夜になると高熱を出し・・

たくさんの武者がやってくる・・・とおびえていました。

私は、どうすることもできないまま、2か月の月日が過ぎました。

母の様態が急変しました・・・・
そして、母は、最期まで、苦しみながら、この世を去っていきました。

そして、その死因は・・

【不明熱】・・・

病院も結局、最後まで、原因がわからないままでした。

病院側から、解剖の要請がありましたが、とんでもない・・・ことです。

やっと、検査や注射や、いろんな苦しみから、逃れられた母を
死んでから、また、メスを入れるなんて、ありえない!!

そう言って、断りました・・・


そして、これで終わったわけでは、なかったのです。

それからも、私は、武者に苦しめられることになりました・・・
ラベル:恐怖 病院 武者
posted by クールポン at 15:27| 三重 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 恐怖・怖い話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月31日

お寺へ・・

お寺へは、霊感の強い友人に一緒に行ってもらいました。

その場所へつくと、その友人は、「ここは、あかん・・空気がおかしい・・」
と言いました。

霊というのは、水のある場所へ集まるらしく、そのお寺には、川も小さな滝もありました。

わたしたちは、住職さんの所へ急ぎました。


住職さんを見つけると、訳を話しました。

でも、その住職さんは、全くその話を信用してくれませんでした。
迷惑そうな、その態度を見て、わたしは、すごく腹立たしく思いました・・
友人も、全く同じ気持ちだったようです。

それでも、なんとかお願いをして、お祓いをしてもらいました。

そんな気持ちの入っていない、お祓いなんて、意味がないとわかっていながら・・・
ラベル:住職 お寺
posted by クールポン at 22:25| 三重 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 恐怖・怖い話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月30日

お祓い

昨日の続きです。

わたしは、あまりにも苦しむ母の姿を見て、
いろんな友達に、お祓いをしてくれるところがないか尋ね
紹介してもらい、お祓いをしてもらいに行きました。

その家に入り、お供えなどたくさんの物がおいてある部屋に
通され、事情を話ました。

その人が、お祓いを始めました・・・

私は、ただ拝んでいるだけでした。

お祓いが終わり、その人は、「あなたのおかぁさんには、たくさんの
霊がついています。 その、霊たちは、あなたのおかぁさんは、とても
居心地がいいので、出て行きたくないと言っています・・・」

つづけて、
「そして、この霊たちは、とても強い霊で、私では、祓うことができません。
残念ですが・・・・」

「そのお寺に行きなさい。そこの住職さんに説明をして
お祓いをしてもらいなさい。そうすれば、いい方向に向かうかもしれない」

その言葉を信じ、わたしは、もう一度あの場所へ向かうことにしました・・・
ラベル:お祓い
posted by クールポン at 23:39| 三重 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 恐怖・怖い話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
商品紹介

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。